技術情報

知恵と工夫を積み重ね、常に進化する技術力

オリジンの商品の多くが多品種単品生産。 工場の生産過程では、考え方や作業の流れを少し変えるだけでも能率があがり、進化するものです。
ライン構成、人の動きを緻密にアレンジしながら、高品質で間違いのないものを生産すること。
そして、何万種類もあるパーツの中から、お客様の要望に応えるオリジナルの商品をつくり出すこと。
一見、単純に見える生産工程のなかにも、数え切れないほどの知恵や工夫が積み重ねられています。

フレームのデザインは作品を飾ってこそはじめて完成します。
そのため、オリジンはフレームそのものの美しさは勿論のこと、使用する素材の特長を最大限に活かして商品としての使いやすさを追求しています。
こうした取り組みの中生まれた商品は、機能・品質・安全性などが考慮された質の高い商品に送られるグッドデザイン賞を受賞するなど、高い評価を受けています。今後も使う人にとって使いやすい、洗練されたデザインを追求してまいります。

フレームづくりは、デザイン性だけでなく、技術的な裏付けがなければなりません。オリジンでは、生産に関わる機能開発や素材研究など幅広い分野の技術情報を収集し、新しい技術を積極的に取り入れています。

商品の意匠デザインや構造において、たくさんの特許や実用新案を持っています。その生産プロセスにおいても、実にたくさんの工夫が盛り込まれ、オリジンの工場には、長年の経験から得られたさまざまな知恵と工夫が詰め込まれています。

オリジンでは、商品製造、部品調達、原材料供給に至る一連のプロセスを効率的に運用するための、独自の生産・物流システムをつくり出しました。他社にはないオリジナルの「オリジン方式」が、当社の強さを支える大きな柱となっています。